保定治療

一般的な保定治療は、上の歯に取りはずしができる装置を入れ、下の前歯の裏側に細いワイヤーを貼りつけて行います。後日、初診時と同様に資料を作成し、治療の評価と説明を行います。保定治療は、基本的に通院間隔は三~六か月に一回程度。通院時には、口腔内チェックとともに リテーナーの調整を行います。ちなみに、リテーナーの使用を怠ったり、壊れた状態を放置すると、歯並びやかみ合わせのズレが再発することがあります。その際には、ブラケットをつけ直し、再治療となる場合もありますので保定治療はしっかり行いましょう。通常二年から二年半の保定治療期間を経たあと、保定装置をはずし歯科医師は最後の

資料を作成。それをもとに、最後の治療評価と今後の注意事項の説明を受けて終了にな

ります。以降、通常のデンタルケアはかかりつけの一般歯科医師のもとで行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です