矯正と健康

人間は咀嚼するとき、頬の後ろ側やこめかみ付近にある筋肉を動かしています。正しい位置でかめていないと、左右の筋肉の使い方のバランスが悪くなり、特定の筋肉に負荷がかかりすぎるおそれがあるそうです。さらに、これが肩こりや頭痛を引き起こす原因になることもあるといいます。

この場合、歯科医院で矯正治療をして正しい位置でかめるようになれば、肩こりや頭痛から開放される可能性があります。歯科矯正の専門医に診察してもらえば、一部の筋肉に負担がかかりやすいかみ合わせになっていないか判断してもらうこともできると思います。

現代病といわれる顎関節症も、肩こりや頭痛を引き起こす場合があります。顎関節症は、あごの関節やその周辺の筋肉の異常が原因だと言われています。必ずしもかみ合わせの悪さが原因というわけではありませんが、かみ合わせの悪さが原因となっていることも少なくありません。

かみ合わせや歯並びは、見た目の印象に影響を与えるだけでなく、健康にも関係することがわかってきています。矯正をする最大の利点は、見た目が良くなることよりも、むし歯や歯周病の予防にあるといえるでしょう。かみ合わせが良ければ歯みがきもしやすくなりますし、唾液の流れもよくなります。さらに、

かみ合わせがよくなれば「かむ」「飲む」「話す」といった動作もスムーズになり、あごの関節への負胆も減って顎関節症を予防することも可能だと思います。将来的に入れ歯が必要となった時も、かみ合わせが良いほうが装着しやすいといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です