歯科衛生士が勉強することとは

歯科衛生士になるには、大学や専門学校などの歯科衛生士養成機関で3年以上の勉強をすることが定められています。化学や、コミュニケーション能力などを学ぶ「基礎科目」。解剖学や衛生公衆学、予防歯科学など、口腔全般について学ぶ「専門基礎分野」。そして、臨池実習などをふくむ「専門分野」にわかれています。このなかで、代表的な科目について見てみましょう。

専門分野のなかでとりわけ履修時間が長いのが、「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」の、歯科衛生士の三大業務にかかわる三科目です。

歯科予防処置では、虫歯や歯周病についての発病の仕組みや、それを予防する手段について理解を深めます。実際に、機会や器具をつかった実習もおこないます。

歯科保険指導では、きちんとした保健指導をおこなえるように、実習をふまえながら学びます。歯科の領域だけではなく、社会環境や育児行動など、はばひろい知識が必要となってきます。

歯科診療補助では、歯科医師の診療をサポートするための知識と技能を勉強します。この科目では、とりわけ、殺菌・消毒の知識を身につけることが重要となります。口のなかをさわる歯科治療において、歯科衛生士が、なにが不潔かがわかっており、管理することは、重大な責任です。

これらを学び国家試験に受かることで、はれて歯科衛生士として歯科医院などに勤めることができます。