予防歯科って?

歯は、身体のなかでも特殊性の高い組織であるということができます。なぜなら、骨などとちがって、自力で再生することができないからです。

そのため、歯科医師が歯を削るという作業には、繊細かつ高度な技術が求められます。治療のためには、歯の健康な部分を削ることも求められますが、削り過ぎてしまえばもう再生することはないからです。また、一度失われてしまった歯を元の形にもどすには、人口材料をつかうしかありません。

いつまでも自分の歯で生活するために、削る前に予防しよう、という方針の歯科医院が増えています。そのときには、歯科衛生士の存在がより重要となります。ブラッシングの指導やクリーニングなど、予防は、まさに歯科衛生士さんの分野だからです。

虫歯や疾患にかかってしまってから治療することが歯科医師の使命だとすれば、そうなる前に予防することは歯科衛生士さんの使命といってもよいかもしれません。

歯の大切さを教えるためにいろいろな施設をまわったり、講演をおこなったりする歯科衛生士さんも増えています。

私たちも歯科医院で正しい指導を受けて、いつまでも自分の歯を大切にしたいものです。