外貨投資するという観点から見た米ドル

ここまで簡単に特徴をご紹介してきた米ドルについて、今度は外貨投資するという観点から見ていきましょう。
日本円資産を持つ個人投資家の場合、他の通貨ではなく米ドルへと投資するメリットはこのようなものが考えられます。

 

・基軸通貨である米ドルは信用度が高いこと
有事の際でも他の通貨に比べれば比較的価値が落ちにくいことから、資産価値の目減りを防ぎやすいとも言えるかもしれません。

・為替に関する情報が入手しやすいこと
基軸通貨、つまり為替や国際金融取引で基準として採用されている通貨である米ドルは、他の通貨に比べて取引量が段違いに多いです。
そのため米ドルに関する情報に需要があることから、テレビやネットなどの身近な情報ツールで他の通貨よりも情報が入手しやすくなっています。

・交換しなくとも、米ドルのままで使用できる場面が多いこと
通常外貨は、使用したい地域に合わせて交換してからでないと物品などの購入に仕えません。
しかし米ドルの場合、アメリカ以外の世界各国の様々な地域や取引などで使える場面が多いことから、わざわざ通貨を交換せずとも(通貨交換の手数料などを払ったり、手間をかけたりしなくとも)そのまま使用できる場面が、他の通貨以上に多いと言えます。
また米ドル建てクレジットカードなどを使えば、さらに利便性も高まるかもしれません。

・取引量が多いことから、好きなタイミングで売買しやすいこと
仮に何らかの有事で手持ちの外貨の為替レートが急落し、損害を最小限で食い止めたいと考える事態になったとしましょう。
外貨は買ってくれる相手が現れない限り売ることができないのですが、おそらくそのような状況になった場合、その外貨の売り希望が同時に殺到する可能性が非常に高くなり、そして買い手が見つかりにくくなることから、こちらの希望通りに売却することがなかなかできないという場合もあるのではないかと思われます。
またようやく買い手が見つかったとしても、自分が購入したサイトは比べものにならないぐらい価値が落ちていて、大損害をこうむってしまうことだってあります。
これは相場の値動きが激しく、ハイリスクハイリターンな種類の国の外貨には珍しくない状況だと言えます。
しかし米ドルの場合どんな時でもある程度は取引量が多く、為替レートが急落するような事態になった場合は、逆に急落した時を見計らって買いたいと考える投資家も現れる可能性があることなどから、他の通貨以上に買い手が現れる可能性が高いと見てよいでしょう。

・取引量が多く需要が高いことから、外貨建て金融商品の種類が多いこと
他の外貨以上に米ドルは取引量が多く、またそれに伴い米ドルを使って取引する『米ドル建て金融商品』も需要が高くなっています。
そのため他の外貨以上に、米ドル建て金融商品の種類も選択肢も豊富に揃っていると言ってよいでしょう。